お取引先との協働

サステナビリティ調達の推進

TOYO TIREの事業成長を支える品質・量を兼ね備えた原材料を、安定的に確保し続けるためには、持続可能な調達を支えるサプライチェーンの構築が必要不可欠です。持続可能な調達とは、生産から消費に至るサプライチェーン全体で社会的課題の解決に取り組み、社会全体の持続可能性を目指すものです。
持続可能なサプライチェーンの構築は当社グループにおける緊急性の高い優先課題の一つとして、全社横断的なワーキンググループ(WG)を設置し、方向性や目標・ターゲットなどアクションプランを協議しています。WGには関係する事業組織の担当者が参集し、協議したアクションプランは取締役会から委任された経営会議(議長:社長)で承認され、グループ全社・全組織へ展開されます。

CSR調達ガイドライン

当社グループは、生産から消費に至るサプライチェーン全体で社会的課題の解決に取り組むため、「TOYO TIREグループCSR調達ガイドライン」を策定しています。CSR調達ガイドラインは日本語版・英語版・中国語版を発行し、海外のお取引先にも展開しています。
ガイドラインの内容については、社会からの要請や事業環境の変化を踏まえ、都度改定を行っています。2019年1月の改定では、原材料(特に天然ゴム)の持続可能な調達に関する方針を追加しました。
この改定を受け、2019年度には日本国内のお取引先60社にご参加いただいて、説明会を開催しました。また、当社グループが取引する主要な天然ゴムサプライヤーに対して内容(特に天然ゴムの持続可能な調達に関する方針について)の共有を個別に行い、調達方針への理解をお願いしました。
今後は、自主点検の内容をもとにデュー・デリジェンス(サプライチェーンにおけるリスクを分析し、その結果をお取引先にフィードバックすることで、顕在的・潜在的なマイナスインパクトの改善)に取り組んでいきます。
お取引先がCSR調達の取り組みにおける懸念事項を通報する窓口として、「CSRの取り組みに関するお問い合わせ」の窓口を説明会で周知しています。2019年度は問い合わせ窓口へのお取引先からの通報はありませんでした。

TOPIC
改定CSR調達ガイドライン説明会を実施
12.つくる責任 つかう責任

TOYO TIRE株式会社は取引額の多い日本国内のお取引先60社に対し、2019年1月に改定したCSR調達ガイドラインに関する説明会を開催しました。
説明会では当社グループが目指す持続可能な調達活動と併せて、現在当社グループが置かれている事業環境や事業活動が環境・社会に及ぼしている影響について説明しました。限られた時間ではありましたが、ご参加いただいたお取引先には持続可能なサプライチェーンの構築が、当社グループのサステナビリティ推進活動の重要な取り組みの一つであることをご理解いただきました。
今後もグローバルにお取引先とのコミュニケーションの機会を増やし、モビリティ業界のサステナビリティの実現に向けて協働していきます。

  • CSR調達ガイドライン説明会

天然ゴムの持続可能な調達に向けた国際連携

天然ゴムをものづくりの主原料としている当社グループにとって、特に天然ゴムを将来にわたり安定的に調達していくことは重要な経営課題です。一方で、天然ゴム産業は生産現場における森林減少、地域住民の権利侵害などの社会的課題を抱えており、これらを解決していくことで天然ゴムの持続可能な調達を実現しようとする動きが世界的に進んでいます。
当社は2016年から、国際ゴム研究会(International Rubber Study Group:IRSG)が提唱する「持続可能な天然ゴムイニシアチブ(SNR-i)」*1 の趣旨に賛同し、お取引先の理解を得ながらCSR調達を推進してきました。また、持続可能な開発のための世界経済人会議(World Business Council for Sustainable Development:WBCSD)傘下のタイヤプロジェクト(Tire Industry Project:TIP)によって2018年に発足した新たな枠組み「持続可能な天然ゴムのためのグローバルプラットフォーム(GPSNR)」*2 にも参画しました。CSR調達ガイドライン第3版の改定に併せて追加した天然ゴムの持続可能な調達方針は、GPSNRが掲げる「持続可能な天然ゴムの原則」を尊重した内容となっています。

2019年度は当社が現在取引のある全ての天然ゴムの1次サプライヤー(天然ゴム加工会社)に対しCSR調達ガイドラインを展開し、当社の調達方針への理解と持続可能な調達に向けた協働をお願いしました。また、いくつかの購入量の多い天然ゴムサプライヤーを現地訪問し、持続可能な天然ゴムサプライチェーンの構築について意見交換を行いました。なお、今回訪問したサプライヤーからの合計購入量は数量ベースで全体購入量の約80%を占めています。
今後、国際的なイニシアチブを通じて、あるいは当社のバリューチェーンを通じて、ステークホルダーとの連携しながら、持続可能な天然ゴムサプライチェーンの構築を目指します。

  • *1 Sustainable Natural Rubber Initiatives(SNR-i)。天然ゴムサプライチェーンにおいて生産性向上支援、品質向上、森林の持続性支援、水管理、人権・労働者の権利への配慮を目指すイニシアチブ(構想)。
  • *2 Global Platform for Sustainable Natural Rubber(GPSNR)。業界の枠を超えて、世界の天然ゴムの生産や利用が、より自然環境や社会的課題に配慮した方法で行われることを目指すプラットフォーム(基盤)。

紛争鉱物への対応

アフリカ中部等の紛争地域で採掘されるスズ・タンタル・タングステン・金(紛争鉱物)を購入することが現地の武装勢力の資金源となり、紛争や人権侵害などを助長するとして、欧米では法によりサプライチェーンのデューデリジェンス等が義務づけられています。当社グループでは、お取引先と協力しながら製錬会社まで遡って、当社グループが購入する原材料がそのような非人道的行為に関与していないかを確認する調査を実施しています。