持続可能なモビリティ社会の実現に寄与する
豊かなモビリティライフを支え、創造する

取り組むべき課題

  • 環境貢献(CO₂削減):転がり抵抗低減、EV化対応、省資源
  • 安全・安心:メンテナンスフリー、摩耗診断
  • エアレスタイヤの事業化
  • 走りの愉しみ・嗜好性の追求

関与が大きいステークホルダー

  • 直接的:顧客(消費者)、取引先、従業員、研究機関
  • 間接的:株主・投資家、債権者、地域社会、NGO、業界団体

取り組み方針

モビリティ社会が持続可能であって初めて、タイヤ・自動車部品メーカーのサステナビリティも確保されると認識しています。「環境負荷ゼロ」「事故ゼロ」「効率的な移動・輸送」といったサステナブルなモビリティ社会の確立に向けて、独自の製品・サービスを通じて貢献しています。
そうした持続可能性に必要な要素を満たしつつ、人々がモビリティライフに求めるさまざまな期待に、独自の製品やサービスを通じて、応えていくことは、モビリティ社会の多様性を支える創造的付加価値と考えており、この実現を当社グループはめざしています。

責任(2023年4月現在)

取締役 執行役員 技術統括部門管掌

活動推進体制

技術統括部門を責任主管として、R&D、商品企画、生産管理、営業企画、DXの機能組織が連携し、中期経営計画とも連動しながらサステナビリティ活動テーマの取り組みを推進しています。
技術委員会が取り組みの全体を統括し、サステナビリティ委員会に進捗報告を行います。

活動推進体制図

苦情処理システム(窓口)

  • ホットライン相談窓口(内部通報制度)…【対象】役員、従業員、取引先
  • お客様相談室…【対象】顧客(消費者)、地域社会
  • Webお問い合わせフォーム…【対象】顧客(消費者)、株主・投資家、NGO
  • 上記を窓口とした対応のほか、製品・サービスに関しては当社技術サービス部および、当社グループの販売会社や販売代理店が相談や苦情の受け付けを行っています。

活動を推進する主な資本(2022年)

  • 研究開発費:11,320百万円 ※うち基礎研究費は1,347百万円
  • 研究開発時における環境保全に関する費用:386百万円
  • 合理化、品質向上および生産設備増強に対する設備投資:47,303百万円
  • R&D拠点:5拠点(日本、米国、ドイツ)
  • 日・米・欧 3極R&D機能連携により独自技術を強化し、「差別化商品」を開発、展開しています。このほか、多くの大学や研究機関と共同研究を行っています。

取り組み:環境貢献

自動車のCO₂排出削減はサプライチェーン全体で取り組むべき課題です。当社は、タイヤ1本あたりのGHG 排出量について、2030年時点において2019年比20%の削減貢献をめざすことを目標に掲げています。当社は自動車の走行時にタイヤが起因となって排出されるCO₂を削減するため、転がり抵抗の低減を最重要施策に位置付け、商品のモデルチェンジに低燃費性能のグレーディングを向上させることを開発要件に組み入れて取り組んでいます。また、当社はライフサイクルアセスメントを考慮し、省エネ性能や省資源化を取り入れ、環境に配慮した商品開発も行っております。

ゴム材料基盤技術の進化

材料開発領域においても、AIや機械学習が活用され始めるなど、目まぐるしい変化が訪れています。当社では独自のゴム材料開発基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」の継続的な技術革新に取り組んでおり、そのなかに、マテリアルズ・インフォマティクス(以下、MI*1)を利用した、ゴム材料の特性予測技術や配合設計支援技術があります。
当社では、資産としてストックした既存データをベースに、2018年よりMI技術を用いた配合と物性の予測技術の検証を開始し、「高性能な製品開発」と「開発時間短縮・コスト低減」の両立に向けて、保有データをフルに有効活用できる環境整備や、それまでになかった視点での解析方法や予測データを用いた開発に取り組んできました。
現在、実開発への利用を進めており、シリカ高分散化や新素材による低燃費化、ウェット性能向上等の多性能の高次元両立設計により差別化商品を展開していきます。

  • *1 AIなどを用いることで、従来手法に比べ、新規材料や代替材料の探索などを効率よく行うことが可能となる技術
イメージ図イメージ図

バーチャル開発技術の構築

机上でのタイヤ特性の見積もり精度向上や効率的な実車評価フロー確立の、バーチャル開発技術構築に取り組んでいます。この技術をデータ一元管理や、台上基本特性の見積もり精度向上、タイヤモデル構築のほか、実車性能見積もりの各項目別に適応していけるよう取り組みを推進しています。こうした取り組みにより開発期間を短縮することができ、さらに試作本数や実車評価数を削減することで開発フローにおけるCO₂削減に貢献していきます。

軽量化技術の開発

乗用車用(PC)、ライトトラック用(LT)、トラック・バス用(TB)タイヤの各カテゴリー別に軽量化技術を開発し、商品展開を進めています。タイヤ質量低減の中期目標に向けて、部材薄肉化、新規構造検討、工場の工程能力改善に取り組んでいます。特にセルビア工場の高精度設備を用いた軽量化技術の商品展開はすでに昨年度よりスタートしており、拡充を進めていきます。

【TOPIC】上質なクルージングを追求し環境性能を進化させたプレミアムコンフォートタイヤ 「PROXES Comfort Ⅱs」

PROXES Comfort Ⅱsは上質なクルージングを追求し、環境性能を進化させたプレミアムコンフォートタイヤです。パターン設計にあたっては、当社独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」を活用し、トレッドパターン*2内で機能を分担させる非対称パターンを採用しています。タイヤの内側と外側で最適なパターン設計を施し、タイヤパターンに起因して発生するノイズの騒音エネルギーを当社従来品(PROXES C1S)比で22%低減、快適な車内空間を提供する高い静粛性の確保に寄与しています。また、トレッド部に配置したブロックの剛性を向上させることにより操縦安定性を向上させ、レーンチェンジの時などにおけるふらつきを抑制し、上質な乗り心地と操縦安定性の両立を図っています。
材料開発にあたっては、当社の材料設計基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」を用いて、低燃費コンパウンドの開発を行ないました。新シリカ分散剤を採用し、転がり抵抗の低減、ウェット性能及び耐摩耗性能の向上に効果を発揮するシリカをより均一に分散させることで、これらの性能を高次元で最適化させました。

  • *2 トレッドパターン:タイヤのトレッド部に刻まれている、溝や切り込み。
PROXES Comfort Ⅱsの写真とロゴ
パターンノイズ騒音エネルギー逓減率と転がり抵抗逓減率のグラフ
クリックすると大きい画像で見ることができます

取り組み:安全・安心

お客さまの安全・安心につながる摩耗診断システムの開発

技術部門とDX推進部門では、トラック・バス用タイヤの使用状態に関する情報を基に摩耗診断を行うシステム(アプリケーション)の開発に取り組んでいます。お客さまにアプリケーションを使用いただいて実証実験を行い、予測精度の向上、また空気圧や摩耗予測結果を遠隔で確認できる機能の拡充などを進めています。摩耗予測に基づいてお客様に適切なローテーションを促し、ドライバーや乗客の安全・安心の向上に貢献できるほか、タイヤ寿命の延長やリトレッドタイヤ*3としての活用可能性といった環境性との両立もめざします。

  • *3 摩耗した、路面と接する部分のゴムを新しく貼り替え、再使用するタイヤのこと。

製品ライフ向上とWET制動の両立

製品ライフの向上とWET制動を両立させた、お客さまの安全・安心を守る技術開発については、タイヤ計測・分析・評価技術のレベルアップを図るべく、新規設備導入や評価設備の改造を進めています。摩耗挙動やWET制動時の挙動を可視化し、新たな設計要素の構築に取り組んでいます。そこで得られた設計要素をスピーディーに製品へ適用し、お客様の安全・安心につながるよう取り組んでいきます。

【TOPIC】高次元のハンドリング性能とブレーキ性能を実現したプレミアムスポーツタイヤ 「PROXES Sport 2」

PROXES Sport 2はスポーツタイヤに求められるハンドリング性能とブレーキ性能を高次元で実現させたプレミアムスポーツタイヤです。非対称のトレッドパターンとコンパウンドを採用することによって機能の分担を図り、ブレーキ性能とハンドリング性能を効果的に向上させています。
トレッド部の内側のコンパウンドにはゴムの柔軟性に寄与するシリカを均一に分散することで、路面の凹凸にタイヤがしなやかに接地し、ウェット、ドライ双方の路面でのグリップ性能が向上しました。一方で外側のコンパウンドでは、シリカの分散を制御することでゴムの剛性を確保しています。
また、構造設計ではサイド部のたわみを最適化する新プロファイル形状を採用することで、レーンチェンジやコーナリングの際にタイヤの変形が抑制され、ウェット路面、ドライ路面でのハンドリング性能の向上に寄与しました。

PROXES Sport 2の写真とロゴ
ブレーキ性能比較のグラフ
クリックすると大きい画像で見ることができます

取り組み:エアレスタイヤの事業化

ガソリンスタンドのセルフ化、電気自動車の自宅充電、カーシェアリングの普及など、次世代のモビリティ社会の新たなニーズにタイヤメーカーとして対応するため、当社はエアレスタイヤの開発を通じてメンテナンスフリーの追求とスペアレスソリューションの具現化をめざしています。開発中のエアレスコンセプトタイヤ「noair(ノアイア)」は、高い耐久性と空気入りタイヤに近い操縦性を実現し、2017年には、エアレスタイヤとして業界に先駆け、乗用車に装着して走行が可能なレベルに到達しました。実用化に向けた施策の一環として、2022年にはゴルフカートへの装着と試乗会を行っています。エアレスタイヤに関する法規制の整備の動向にも注視しながら、今後も、未来型モビリティへの装着やリサイクルでの運用可能性を見据え、取り組みを進めていきます。

noair画像
noairを装着したゴルフカートnoairを装着したゴルフカート

取り組み:走りの愉しみ、嗜好性の追求

環境性や安全性を高次元で満たしながら、走りの愉しさやデザイン性を追求する技術開発と商品化に取り組むことが当社独自の戦略です。
当社は、世界でも過酷なオフロードレースといわれているダカールラリーやBAJA1000などの国際レースに参戦し、その経験によって得られた知見を商品開発にフィードバックすることで高い基本性能とアグレッシブなパターンデザイン の両立につなげています。こうした取り組みの成果は、特に大型SUV車両の普及が進む北米市場での高評価によって裏付けられています。
今後、北米市場においても車両の電動化が加速すると同時にその多様化も進んでいくことが想定されます。EV市場の動向を捉え当社の強みを生かした差別化商品の間発強化により、独自の戦略を推進します。

【TOPIC】当社製タイヤ3商品が2022年度グッドデザイン賞を受賞

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する、2022年度グッドデザイン賞に当社のタイヤ3商品が同時受賞しました。SUV向けオールテレーンタイヤ「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」、ミニバン専用タイヤ「TRANPATH mp7」、そしてコミュニティバス専用スタッドレスタイヤ「M937」はいずれも走行時に機能的な役割を発揮できるよう、特徴的なトレッドパターンがデザインされています。独自のパターンデザイン技術が、使用環境やタイヤに求められるニーズ変化を的確に捉え製品開発を行う姿勢を具現化したものとして高く評価されました。今後もタイヤに求められる性能の進化を追求しながら、付加価値の高い製品開発に取り組んでいきます。

Good Design Award 2022のロゴと3種類のタイヤ