印刷する

プレスリリース

2022.06.03

SUV向け本格オールテレーンタイヤ 「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」を発売

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)はSUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY」シリーズにおいて、オールテレーンタイヤ「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ(オープンカントリー エーティースリー)」を本年7月より国内市場で順次発売しますのでお知らせいたします。

(発売サイズは全29サイズ、価格はオープン価格)

OPEN COUNTRY A/TⅢタイヤ写真・ロゴ

 

SUVは国内で依然として人気が高く、同カテゴリの新車販売台数は増加を続けています*1。使い勝手の良さが評価され、日常的な街乗りだけでなく、昨今ブームとなっているキャンプや釣りといったアウトドア、レジャーシーンでの利用も活発になってきています。

*1:日本自動車販売協会連合会の統計データ、2018年から2021年(1月から12月)による。

このたび発売するOPEN COUNTRY A/T Ⅲは、さまざまな気象条件や路面状況での走行にバランス良く対応した「A/T(All Terrain:オールテレーン)」タイプの商品です。OPEN COUNTRY A/T ⅢはSUVの本場、北米市場で2020年2月に発売して以来高い支持を得ており、今回はSUV向け本格オールテレーンタイヤとして、日本市場向けに投入するものです。
トレッド部に大きなブロックを配置した力強いパターンデザインを採用し、一般道での操縦安定性と快適性を確保するとともに、キャンプ場など凸凹のある路面や林道などに入った際にも安定した走行をサポートします。また、降雪時における性能も向上し、圧雪路でのブレーキング性能が当社従来品(OPEN COUNTRY A/T plus)比で13%良化するとともに、「スノーフレークマーク*2」の要件を満たしており、季節を問わず、国内におけるSUVの用途の広がりに対応した商品です。

*2:国連欧州経済委員会に規定されたシビアスノー要件を満たしたタイヤ

当社は中計’21で、顧客志向を発掘・開拓することを掲げています。今後もSUV市場におけるトレンドやユーザーの動向を的確に把握し、独自性の高い魅力ある商品をお届けしてまいります。

 

■OPEN COUNTRYについて
OPEN COUNTRYシリーズは、SUVをターゲットとした当社の主力ブランドです。当社は、世界でも過酷なオフロードレースといわれている「ダカールラリー」や「BAJA1000」などの国際レースに参戦し、その経験によって得られた知見を商品開発にフィードバックしています。同ブランドは、大型SUV車両が抜きんでて普及している北米市場で高く評価されております。国内市場においては2016年に展開を開始して以来、種類やサイズを拡充し、ユーザーニーズに合わせたさまざまな商品を展開しています。

 

 

《ご参考》

■パターン設計

OPEN COUNTRY A/TⅢ パターンデザイン

 

 

■性能評価結果
スノー制動性能 従来品比13%短縮
OPEN COUNTRY A/T Ⅲスノー性能評価

【評価条件】
●試験場所:当社冬季タイヤテストコース ●車輌:HILUX (排気量 2980cc, ABS作動有) ●型式:MROFZ29G
●タイヤサイズ:265/60R18 110H ●リムサイズ:18X7.5J ●空気圧:フロント200kPa・リア200kPa
●乗員:2名乗車相当 ●速度:40km/h → 0km/h ●路面種類:圧雪路面
●制動停止距離(平均):OPEN COUNTRY A/T Ⅲ(21.2m)・OPEN COUNTRY A/T plus(24.4m) 
※このテストに関する詳細なデータは、タイヤ公正取引協議会に届けています
※このテストの結果は同様な条件下であっても、必ずしも同じ結果が得られるとは限りません

 

■サイズ展開(29サイズ)

OPEN COUNTRY A/T Ⅲサイズ表

※上記発売予定月は現時点での予定です。変更となる可能性がありますので、予めご了承ください。

 

■デビューキャンペーン
OPEN COUNTRY A/T Ⅲのデビューを記念し、7月1日からOPEN COUNTRYブランド商品のご購入者を対象としたキャンペーンを実施する予定です。


「OPEN COUNTRY A/T Ⅲ」についての詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
https://www.toyotires.jp/product/opat3/

OPEN COUNTRY A/T Ⅲ走行写真

 

 

 

 

 

以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5780-8158 FAX:03-5780-8159

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。