印刷する

プレスリリース

2022.04.07

(お知らせ) SCOREシリーズ初戦「SCORE San Felipe 250」で当社「OPEN COUNTRY」装着車両がクラス優勝

TOYO TIRE株式会社は、米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.とともに、本年3月30日から4月3日にかけて、メキシコ・バハカリフォルニア州で開催されたオフロードレース「第35回 SCORE San Felipe(スコア・サン フェリペ) 250」において、当社製タイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給、サポートしたChristopher Polvoorde(クリストファー・ポルヴォード)選手がクラス優勝したほか、Bryce Menzies(ブライス・メンジス)選手が総合2位、Mike Walser(マイク・ウォルサー)選手が総合3位と上位入賞を果たしましたので、お知らせいたします。
※SCORE:Southern California Off Road Enthusiasts

pic

(クラス優勝したChristopher選手の参戦車両)

SCORE San Felipe 250は、オフロードレース「SCORE World Desert Championship」(全4戦)における年間シリーズの初戦です。本レースでは、砂漠や岩場を高速で駆け抜けてタイムを競うため、悪路における対外傷性やトラクション性能を備えたタイヤが必要になります。今回のレースでも、「OPEN COUNTRY M/T-R」は優れたパフォーマンスを発揮し、選手たちの走りをサポート。トロフィー・トラック・スペックと呼ばれるクラスに出場したChristopher Polvoorde選手は、4時間53分のタイムを記録し、2位に10分以上の差をつけてクラス優勝を飾りました。トップカテゴリーであるスコア・トロフィー・トラッククラスに出場したBryce Menzies選手は総合2位、同じくMike Walser選手が総合3位と、当社サポート選手勢が総合上位入賞を果たし、幸先の良い、2022年SCOREシリーズの幕開けとなりました。

クラス優勝したChristopher Polvoorde選手は「状況の変化が激しい一日でしたが、最後は良い状態でゴールすることができました。このレースはまさに耐久力を試されるもので、今日走ってきたコースは、私が今まで見たなかで最も荒れた過酷な砂漠のコンディションだと感じました。最終的に、今日一番アクシデントに見舞われなかったのが私たちだったと思います。トロフィー・トラック・スペックで完走することができて、サポートしてくれたチームメンバーを大変誇りに思います。」と、レースを振り返りコメントしています。

当社は、中期経営計画「中計’21」において、OPEN COUNTRYシリーズをはじめとする独自のデザイン性や機能性を有する商品の開発強化に取り組むことを発表しました。今後も、レースを通じて得た知見を商品開発に生かし、より高性能・高品質で魅力的な製品をお届けしてまいります。

■OPEN COUNTRYシリーズpic
OPEN COUNTRYシリーズはSUVをターゲットとした当社の主力ブランドです。当社は国際的なレースにて、OPEN COUNTRYを装着した車両で数々の優秀な成績を修め、耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。特に大型SUV車両が抜きんでて普及している北米では、それらの高い基本性能とアグレッシブなパターンデザインが高く評価されています。
また、国内ではタイヤ側面の商品名とブランドロゴを白文字で立体的に表記したホワイトレターの商品も展開しています。
詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
https://www.toyotires.jp/product/oc/

 

以 上

 

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5780-8158 FAX:03-5780-8159

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。