印刷する

プレスリリース

2021.09.22

(お知らせ) 「SCORE BAJA 400」で当社「OPEN COUNTRY」装着車両が総合優勝

TOYO TIRE株式会社および米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.(以下、TTC)は、9月14日(火)から9月19日(日)の6日間、メキシコで開催されたオフロードレース「第2回 SCORE BAJA 400(バハ400)」において、当社製オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給、サポートしたBryce Menzies(ブライス・メンジス)選手チームが総合優勝、Jason McNeil(ジェイソン・マクネール)選手がTrophy Truck Spec部門でクラス優勝を果たしましたのでお知らせいたします。

pic

(左:Bryce Menzies選手のOPEN COUNTRY M/T-R装着車両 右:優勝したBryce Menzies選手チーム)


BAJA 400は、2019年、SCOREインターナショナルが「SCORE World Desert Championship」(全4戦)の第3戦として新設した全行程400マイル(約644km)のレースです。起伏に富んだ砂漠地帯や岩場の多い山岳地帯をノンストップで走る、世界で最も過酷なオフロードレースのひとつとなります。その厳しい環境を走り抜くうえで、当社製タイヤ「OPEN COUNTRY M/T-R」が優れた耐久性とパフォーマンスを発揮しました。Bryce Menzies選手は、エラーもペナルティもなく8時間26分59秒のタイムで完走し、BAJA 400総合優勝を果たしました。2021年SCOREシリーズ初戦「SCORE San Felipe 250」に次いで、本年2度目の総合優勝です。

Bryce Menzies選手はレースを振り返って、「今年のコースは、今までバハの地でレースをしたなかでも、最もテクニカルなコースの一つだった。400マイルの間にいくつものコーナーやさまざまな地形を通過するため、一日中全力を尽くす必要があった」とコメントしています。次のレースでも、さらなる活躍が期待されます。

当社およびTTCは、本年11月15日(月)から20日(土)に開催される、SCOREシリーズの最終戦「SCORE BAJA 1000」においても、「OPEN COUNTRY」シリーズを供給し、選手たちの挑戦をサポートする予定です。
当社は、今後も、オフロードレースへの参戦などから得た知見を生かして、ピックアップトラック/SUV用タイヤ市場における独自の強みを持った商品展開を図ってまいります。

 

(ご参考)

■OPEN COUNTRYシリーズtire
当社は、世界で最も過酷なオフロードレースといわれる「SCORE World Desert Championship」をはじめ、国際的に認められたレースなどに継続的に参戦、制覇してきた実力と実績を蓄積しつつ、ピックアップトラック/SUV/CUV用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。これら高い基本性能にアグレッシブなパターンデザインを両立させた「OPEN COUNTRY」シリーズは、特に大型SUV車両の普及が抜きん出て高い米国で高く評価、支持されているタイヤブランドです。

■本レースでの使用タイヤ
・Bryce Menzies選手/Jason McNeil選手
 OPEN COUNTRY M/T-R(タイヤサイズ:40×13.50R17)

pic

(Bryce Menzies選手参戦車両)         (Jason McNeil選手参戦車両)

 

以 上
 

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5780-8158 FAX:03-5780-8159

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。