印刷する

プレスリリース

2021.05.28

サッカー日本代表応援CF「青く、熱く、走れ。」を制作・放映

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、このたび、サッカー日本代表の活躍を応援するTVCFを制作し、本日、2021年5月28日(金)より放映を開始しますのでお知らせいたします。
本日、サッカーワールドカップカタール2022アジア2次予選が実施され、サッカー日本代表(愛称SAMURAI BLUE)は、フクダ電子アリーナ(千葉県千葉市)にミャンマー代表を迎え試合を行ないます。当社はサポーティングカンパニーとして、本試合をはじめ、今後テレビ中継されるさまざまな代表戦で本CF「青く、熱く、走れ。」の放映をするほか、当社特設サイト等より応援メッセージを届け、皆様とともにサッカー日本代表を応援してまいります。

画像


当社は本年5月、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)とサッカー日本代表のサポーティングカンパニーの契約締結を行ない、同月20日、サポーティングカンパニーとして全カテゴリのサッカー日本代表を応援していくことを発表しました。そして今回、この一環として、応援TVCFを制作しました。
本映像の始まりの部分では、駆動するタイヤ、スピードメーター、水中から見上げた太陽、宇宙から見た地球などさまざまな丸い造形美のカットが重なり、サポーターの歓声とともにスタジアムの上空から俯瞰したフィールドのセンターサークルへとつながります。最後の丸、サッカーボールが蹴り込まれる瞬間から青いユニフォームを身にまとった選手たちの躍動が始まります。「青い情熱は、燃え尽きない。」「青い夢は、決して覚めない。」「青い挑戦に、終わりはない。」という文字を画面全面に押し出し、「『青の強さ』を信じている」というサッカー日本代表への思いを言葉に顕わし、得点と歓喜のシーンでまとめています。
映像の配色やナレーション、テキストと全編を通して「青色」を強調することで、代表選手の活躍、勝利への期待の高まりを束ねるように表現しています。また、タイヤが地面を捉えて駆動する車両のダイナミックな動きを映像として間に差し込み、選手たちの俊敏で迫力ある動きをシンクロさせて盛り立てています。
TOYO TIRESブランドが持つ世界観は、コーポレートカラーである「青」を基調とし、当社グループのフロンティア精神を伝えるブランドステートメント「まだ、走ったことのない道へ。」で表明しています。そこには、道なき道であっても勇気をもって果敢に走り、挑戦心と独創的な発想により、世の中に驚きと感動を提供する企業でありたいという意思を示しています。
世界の大舞台をめざして不断の努力と挑戦を続ける選手たちが果敢に走る映像の放映を通じ、当社からは「青く、熱く、走れ。」というキーメッセージを掲げ、日本のサポーターの皆様と一丸となってサッカー日本代表を応援してまいります。

 

◇キャプチャ画像(イメージ)

画像2

 


◇映像
TOYO TIRES サッカー日本代表応援CF「青く、熱く、走れ。」
 (60sec.) https://movie.toyotires.co.jp/category/videos/all-videos/video/6254537941001
 (30sec.) https://movie.toyotires.co.jp/category/videos/all-videos/video/6254537471001


◇楽曲
作詞/作曲   : Ray M.
歌       : Ray M.  コーラス:永野亮
プロデュース  : 山田勝也(愛印)
曲名      : Flaming Blue (CMオリジナル曲)


◇TVCF放映予定

 5月28日(金)  W杯アジア2次予選 対ミャンマー戦 @千葉   日本テレビ(全国生中継)
 6月 3日(木)  キリンチャレンジカップ2021 対ジャマイカ戦 @札幌  TBS(全国生中継)
 6月 7日(月)  W杯アジア2次予選 対タジキスタン戦 @吹田  TBS(全国生中継)
 6月11日(金)  キリンチャレンジカップ2021 対セルビア戦 @神戸  フジテレビ(全国生中継)
 6月15日(火)  W杯アジア2次予選 対キルギス戦 @吹田  フジテレビ(全国生中継)

 


◇TOYO TIRES サッカー日本代表応援サイト
https://www.toyotires.co.jp/samuraiblue/
 ※サッカー日本代表応援CF「青く、熱く、走れ。」 60秒動画、30秒動画を掲出


以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5780-8158 FAX:03-5780-8159

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。