印刷する

プレスリリース

2021.04.21

(お知らせ) SCOREシリーズ初戦「San Felipe 250」で当社「OPEN COUNTRY」装着車両が総合優勝

 TOYO TIRE株式会社、および米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.は、本年4月14日から18日、メキシコ・バハカリフォルニア州で開催されたオフロードレース「第34回 SCORE San Felipe(スコア・サン フェリペ) 250」において、当社より「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給、サポートしたBryce Menzies(ブライス・メンジス)選手チームが総合優勝したほか、Andy McMillin(アンディ・マクミラン)選手が3位、Alan Ampudia(アラン・アンプディア)選手が4位と上位入賞を果たしましたのでお知らせいたします。

*Southern California Off Road Enthusiasts

車両

(左:Andy McMillin 選手、中央:Bryce Menzies選手、右:Alan Ampudia選手のレース参戦車両)

 34回目の開催となったSCORE San Felipe 250は、オフロードレース「SCORE World Desert Championship」(全4戦)における2021年シリーズの初戦となります。全280.2マイル(約450km)でタイムを競う同レースに、今年は35名の選手が参戦しました。

 SCORE San Felipe 250のコースは、想定通りに走るのが困難なコースの一つとして知られています。荒涼とした砂漠に突如出現するくぼみや岩場など、悪条件のなかでの高速走行がレースの行方を左右し、タイヤには悪路における対外傷性や起伏のあるコースでのトラクション性能が求められます。本レースでは当社製タイヤ「OPEN COUNTRY MT-R」が優れた耐久性とパフォーマンスを発揮しました。Bryce Menzies選手が4時間28分のタイムで総合優勝、7分後にゴールしたAndy McMillin選手が3位、Alan Ampudia選手も力強い走りで4位を獲得、TOP5のうち3選手が当社のサポートチームで占める結果となりました。

 Bryce Menzies選手は「今年のサン フェリペのコースは過酷だった。我々のチームも柔らかい砂の中に潜んだ大きな岩の衝撃に幾度となく遭遇したが、タイヤがパンクすることもなく、自信を持って運転できたことがレースに勝利できた要因だ」と、レースを振り返ってコメントしています。

 当社は、今後もピックアップトラック/SUV用タイヤ市場でのプレゼンスをさらに高めていけるよう、オフロードレースへの参戦などを通じてブランド力の向上を図ってまいります。
 

■OPEN COUNTRYシリーズ
当社は、世界で最も過酷なオフロードレースといわれる「SCORE World Desert Championship」をはじめ、国際的に認められたレースなどに継続的に参戦、制覇してきた実力と実績を蓄積しつつ、ピックアップトラック/SUV/CUV用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。これら高い基本性能にアグレッシブなパターンデザインを両立させた「OPEN COUNTRY」シリーズは、特に大型SUV車両の普及が抜きん出て高い米国で高く評価、支持されているタイヤブランドです。

 

■選手紹介

選手

 

以 上


 

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5780-8158 FAX:03-5780-8159

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。