印刷する

プレスリリース

2021.04.15

(お知らせ) 「2021年D1グランプリシリーズ」に参戦

TOYO TIRE株式会社は、2021年4月24日(土)より奥伊吹モーターパーク(滋賀県)で開幕を予定しているドリフト競技*「2021年D1グランプリシリーズ(以下、D1GP)」に、参戦しますのでお知らせいたします。

 

(2021年 藤野選手参戦車両 TOYOTA 86イメージ)
        (2021年 藤野選手参戦車両 TOYOTA 86イメージ)

 

当社は、2007年よりドリフト競技チーム「Team TOYO TIRES DRIFT」を結成し、D1GPに参戦しており、今年は、川畑真人選手、藤野秀之選手の2名体制で、D1GP全10戦に挑みます。川畑選手は、昨年に引き続き、当社のブランドカラーである青を強調したデザインのTOYOTA GR Supraでレースに臨みます。藤野選手は今後のD1GPの発展と自身への挑戦の意味を込めてマシンを一新し、同じく青を強調したTOYOTA 86で参戦いたします。
なお、タイヤサポートドライバーには、松井有紀夫選手(Team RE雨宮 K&N 所属)、トヨタ自動車株式会社に勤務するテストドライバーでもある松山北斗選手(FAT FIVE RACING 所属)のほか、新たに川島将貴選手(Team M2 Racing 所属)が加わります。川島選手は、2019年にD1GPの直下のカテゴリーであるD1 Lightsで初優勝し、今年、満を持してのD1GP参戦に、注目が集まっています。

今年も話題満載で当社のD1GPへの参戦活動をお届けいたしますので、どうぞご期待ください。

*ドリフト競技:自動車(マシン)の後輪もしくは4輪を滑らせながら車両を走行させ、そのテクニック、ドライビングの見映え、観衆に与えたパフォーマンス等を評価して勝敗を決めるモーター競技。選手(ドライバー)は、通常の運転・走行の限界を超えた領域で、曲がっていく方向とは逆にハンドルを切り、非常に高度なバランスをとってマシンをコントロールします。他のモータースポーツレースやラリー競技などと比べると、勝敗はマシンの性能より、ドライバーのテクニックが大きく左右するといわれます。

 

(ご参考)

■2021年チームドライバー

(左から川畑選手、藤野選手)
             (左から川畑選手、藤野選手)
 

■2021年タイヤサポートドライバー

(左から松井選手、松山選手、川島選手)
           (左から松井選手、松山選手、川島選手)

 

■2021年D1グランプリシリーズ(予定)

4月24日(土)・25日(日) 第1戦・第2戦 奥伊吹モーターパーク 滋賀県
6月26日(土)・27日(日) 第3戦・第4戦 筑波サーキット 茨城県
8月21日(土)・22日(日) 第5戦・第6戦 エビスサーキット 西コース 福島県
10月2日(土)・3日(日) 第7戦・第8戦 奥伊吹モーターパーク 滋賀県
10月30日(土)・31日(日) 第9戦・第10戦 オートポリス 大分県

 

以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5780-8158 FAX:03-5780-8159

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。