印刷する

プレスリリース

2020.10.01

2020年度グッドデザイン賞を当社製タイヤ3商品が同時受賞

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、当社の乗用車用スタッドレスタイヤ「OBSERVE GIZ2(オブザーブ ギズ ツー)」、オールシーズンタイヤ「CELSIUS(セルシアス)」、トラック・バス用オールウェザータイヤ「M646(エムロクヨンロク)」の3商品が、2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を同時受賞しましたので、お知らせいたします。

pic

     

グッドデザイン賞は、1957年に創設された、総合的なデザイン評価・推奨を行なう日本で唯一のデザインアワードです。同賞は有形無形を問わず、あらゆるモノや活動を対象とし、日本屈指のデザイナーや建築家などから構成される審査委員会によって選定された優れたデザインに贈られます。

今回受賞した3商品はそれぞれジャンルが異なりますが、いずれも路面と接するトレッド面に機能的な役割を発揮する要素を凝縮した、独特なパターンデザインを有しています。OBSERVE GIZ2とCELSIUSにおいては、トレッド面のブロックや溝のデザインが左右で異なる非対称パターンを、M646においては、トレッド面のセンターエリアに3列のブロックを交互に配置したオリジナルパターンを採用しています。当社独自のパターンデザイン技術が使用環境やニーズの変化を的確に捉え、時代にマッチした製品開発を行なう姿勢を具現化したものとして評価されました。 
          
当社は今後もマーケットの情報を広く収集し、タイヤに求められる性能の進化を追求しながら、付加価値の高い製品開発に取り組んでまいります。
 

pic


《ご参考:受賞3商品の紹介と審査委員による評価コメント》

■OBSERVE GIZ2(オブザーブ ギズ ツー)

giz


発売年月日:2020年8月1日
カテゴリー:乗用車用スタッドレスタイヤ
商品特長:トレッドパターン内で機能を分担させる非対称パターンを採用。アイス、シャーベット、ウェットといった刻々と変化する冬の路面へ対応するスタッドレスタイヤです。新コンパウンドの採用によりゴムの硬化を抑え、効き目が長持ちします。

【評価コメント】
アイス状の路面での性能を最大化するために、中央主溝を若干オフセットさせた3本の主溝を採用するとともに、両側のセンターブロックを3連にしてエッジ効果を高め、ドライ時の操作性も向上させることに成功した。外側のサイドウォールのデザインには、アイスへの噛み付きの良さを表現するワンポイントを施している。
 

■CELSIUS(セルシアス)

cs


発売年月日:2019年8月1日
カテゴリー:乗用車用オールシーズンタイヤ
商品特長:オールシーズンタイヤという全天候型の製品です。非対称パターンを採用し、降雪路面においてしっかり走れるスノー性能とドライ・ウェット性能を最大限に発揮します。突然の積雪などにも対応できるため、都市部などでは1年を通してご使用いただくことも可能です。

【評価コメント】
近年の環境変化(ユーザーのタイヤや車のメンテナンスに対する志向、カーシェアリングなどの普及、年数回の降雪地域における冬用タイヤへの履き替えが減少している状況など)に合わせ、オールシーズンタイヤでありながら、雪にも対応できるタイヤとして技術を結集させた。 タイヤの内側外側で溝のパターンを変え、内側はスノー路面でのグリップ力を高め、外側ではドライ路面での走行安定性を確保している。内外非対称のパターンによって、ノイズを減少させ騒音性にも対応し、左右入れ替えのローテーションが可能である。長年の技術開発によって実現した、非常に柔軟性があり効率的で、時代にあったタイヤのデザインである。
 

■M646(エムロクヨンロク)

646


発売年月日:2020年3月2日
カテゴリー:トラック・バス用オールウェザータイヤ
商品特長:トラック・バスにおける使用環境の変化に伴うニーズをふまえて開発した商品です。トレッド部の中心エリアに交互に配置した3 列のブロックが空積時においても接地面積を確保し、積荷の状態変化に対応したトラクション性能と耐摩耗性能、ウェット駆動力を高次元で両立しました。

【評価コメント】
トラックの大型化が進む中、大型車両においては積車時と空積時のタイヤの接地面積が大きく異なるため、両方の状態での性能を向上させることが求められてきた。本製品では、4本の主溝を配した中でセンターエリアを大きくする設計とし、3列ブロックのクロス配置デザインで空積時のトラクション性能を上げることに成功した。積み荷に左右されないトラクション性能を確保し、厳しい労働環境にあるトラックドライバーの負担を軽減することに貢献するデザインである。
 

以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。