印刷する

プレスリリース

2020.08.21

(お知らせ) 全米最長オフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」で「OPEN COUNTRY」装着車両が連覇

TOYO TIRE株式会社および米国タイヤ販売子会社Toyo Tire U.S.A. Corp.は、8月12日(水)から15日(土)の4日間、米国・ネバダ州で開催されたオフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」において、当社製タイヤを供給、サポートしたBryce Menzies(ブライス・メンジス)選手チームが昨年に引き続き総合優勝し、連覇を果たしましたのでお知らせいたします。 

image

(総合優勝したBryce Menzies選手の走行シーン)

「Best in the Desert Vegas to Reno」は米国で開催されるオフロードレースの中でも、最も長い行程(約880km)のレースとして知られています。ネバダ州南西部の都市ラスベガスを出発し、荒涼とした土漠や砂漠、鋭利な岩肌の山岳地帯などの過酷な路面を駆け抜け、同州北西部の都市リノをめざすものです。
タイヤには岩石などから受ける耐外傷性だけでなく、滑りやすく不安定な砂の路面におけるトラクション性能などが求められます。当社製タイヤ「OPEN COUNTRY MT-R」が優れた耐久性とパフォーマンスを発揮し、Bryce Menzies選手は昨年より約20分タイムを短縮し、2位以下に8分以上の大差をつけて同レースの連覇を果たしました。
Bryce Menzies選手はレース後、「自分の地元であるラスベガスでVegas to Renoに連勝できたことが、とても嬉しい。コロナ禍で多くのレースが中止となるなか、万全な対策で当レースが実施されたことに感謝している。この勢いで9月に行なわれるオフロードレースBAJA 500に臨みたい」と喜びのコメントを出しています。次のレースを見据え、さらなる活躍が期待されます。

当社は、今後もピックアップトラック/SUV用タイヤ市場でのプレゼンスをさらに高めていけるよう、オフロードレースへの参戦などを通じてブランド力の向上を図ってまいります。

■OPEN COUNTRYシリーズ
当社は、世界で最も過酷なオフロードレースといわれる「SCORE World Desert Championship」をはじめ、国際的に認められたレースなどに継続的に参戦、制覇してきた実力と実績を蓄積しつつ、ピックアップトラック/SUV/CUV用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。これら高い基本性能にアグレッシブなパターンデザインを両立させた「OPEN COUNTRY」シリーズは、特に大型SUV車両の普及が抜きん出て高い米国で高く評価、支持されているタイヤブランドです。

■本レースへの参戦車両
Menzies AWD Trophy Truck built by Huseman

■本レースでの使用タイヤ
OPEN COUNTRY M/T-R(タイヤサイズ: 40×13.50R17)


以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。