印刷する

プレスリリース

2019.06.13

「OPEN COUNTRY」でアジアンラリー参戦チームをサポート

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、本年8月10日(土)から16日(金)の7日間、タイ王国~ミャンマーで開催されるオフロードレース「第24回 アジアクロスカントリーラリー2019(AXCR、通称「アジアンラリー」)」に参戦する一部の選手チームに対し、当社製SUV用オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」シリーズを供給、サポートしますのでお知らせいたします。

昨年様子

(昨年のレースの様子)

AXCRは、国際自動車連盟(FIA)公認のクロスカントリーラリーで、ダカール・ラリーと同格のアジア最大の国際ラリー大会です。1996年より毎年8月に開催されており、MOTO/QUAD/SIDECAR部門、AUTO部門に分かれ、総走行距離約2,200kmを走破します。これまでアジア各国を基点に路面状況、自然、気候が特徴のある地域で開催されてきました。
24回目を迎える今年の大会はタイ王国のビーチリゾート、パタヤを8月10日(土)にスタートし、8月16 日(金)には隣国ミャンマー連邦共和国の首都ネピドーでフィニッシュする予定です。

当社は、本大会4連覇中のNuttaphon ANGRITTHANON(ナタポン)選手チーム、俳優・哀川翔さんが監督を務める「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」に対し、当社製ピックアップトラック/SUV用オフロードタイヤ「OPEN COUNTRY M/T」を供給するほか、スズキ・ジムニーで参戦するチームには、本年7月1日から国内で販売を開始する「OPEN COUNTRY M/T-R」を供給し、過酷なオフロードレースに挑戦する選手たちの本格的な走りを支えます。
また、ドリフトチーム「Team TOYO TIRES DRIFT」所属の当社契約ドライバー川畑真人選手が「FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRES」から、今回オフロードレースに初挑戦し、上位入賞をめざします。

■OPEN COUNTRYシリーズ
当社は、世界で最も過酷なオフロードレースといわれる「BAJA 1000」をはじめ、国際的に認められたレースなどに継続的に参戦、制覇してきた実力と実績を蓄積しつつ、ピックアップトラック/SUV/CUV 用タイヤに求められる耐久性能や耐外傷性を高い次元で磨いてきました。これら高い基本性能にアグレッシブなパターンデザインを両立させた「OPEN COUNTRY」シリーズは、特に大型SUV車両の普及が抜きんで高い米国で高く評価、支持されるタイヤブランドとなっています。

■OPEN COUNTRY M/T
「M/T」が Mud Terrain を示すとおり、OPEN COUNTRY M/T は不整地や泥濘地などあらゆる路面をも走破できるパフォーマンスと耐久性を有する本格的オフロード向け SUV/CCV用タイヤです。アグレッシブかつ機能的なトレッドデザインは悪路走破性のみならず、トラクション性能やブレーキ性能の向上に寄与し、タイヤ構造はオフロードレースでのノウハウを生かした、耐外傷性の高いタフネス構造となっています。

■OPEN COUNTRY M/T-R
本年7月1日より国内で販売を開始する「OPEN COUNTRY M/T-R」(タイヤサイズ:195R16C 104/102Q)は、北米で評価されている本格的オフロード向けピックアップトラック/SUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」をレース用にチューンアップしたタイヤです。


(ご参考)

■大会概要

名称

 第24回 アジアクロスカントリーラリー2019
 (総称:アジアンラリー、AXCR:Asia Cross Country Rally)

公認

 国際自動車連盟(FIA:International Automobile Federation)、
 タイ王室自動車連盟 (RAAT:Royal Automobile Association of Thailand)、
 Association of Motorcycle Sport Club 360 Degrees

主催   R1ジャパン
協力   タイ国政府観光庁、ミャンマー連邦共和国ホテル観光省、同厚生スポーツ省、
 同オリンピック委員会、同ネピドー協議会、同カレン州政府、同モン州政府、同バゴー地方政府

 

以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 広報企画部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。