印刷する

プレスリリース

2020.07.14

変わらない安心感、路面環境に対応したスタッドレスタイヤ 「OBSERVE GIZ2」 を発売

TOYO TIRE株式会社(本社:兵庫県伊丹市、社長:清水隆史)は、乗用車用スタッドレスタイヤ「OBSERVE GIZ2(オブザーブ ギズ ツー)」を新商品として8月1日より国内市場で発売しますのでお知らせいたします。(発売サイズは全23サイズ、価格はオープン価格です)

tire

 

地球温暖化の影響からか、気象庁によると、国内では厳冬期の札幌市で日中の最高気温が0℃を上回る日数が増えていると報告されています*1。日中の気温上昇によって路面は、雪が解けてシャーベット状の濡れたウェット路面となり、また、気温が氷点下まで下がる夜間には、濡れた路面が凍結したアイス路面へと変化します。冬道を走行するのに不可欠なスタッドレスタイヤは、こうした刻々と変化する路面状況に対応できる性能が求められています。
*1)2016年から2020年の各年観測データ(1月から2月)による。

OBSERVE GIZ2はこうした気候変動に伴う季節要因の変化を重要視し、地球温暖化時代の日本の降雪期に求められる性能を追求しました。ウェット性能を高めて冬道での路面変化に対応するとともに、ゴムの経年変化による氷上での摩擦力低下を抑制、アイス路面での性能が長持ちするようにも配慮しました。
 
タイヤのパターン設計にあたっては、CAE*2とAIを融合した当社独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」のスノー予測技術を活用し、最適な形状を設計しました。また、「持続性密着ゲル」を配合した新たなコンパウンド「吸着クルミゴム」を採用し、アイス路面での吸水・密着・ひっかきの効果を向上させる一方、シリカ増量により高いウェットグリップを実現しました。その結果、アイス路面でのブレーキング性能は当社従来品(OBSERVE GARIT GIZ)比で8%良化し、さらにウェット路面でのブレーキング性能は制動距離を同18%短縮しました。
*2)CAE:Computer Aided Engineeringの略。コンピューター支援技術。

■主な商品特長
・密着性アップによるアイス性能の向上
新たなコンパウンド「吸着クルミゴム」を採用し、氷の表面にできるミクロ単位の水膜を瞬時に吸水するとともに、やわらかさを保ったゴムがアイス路面へしなやかに密着します。さらに、当社が20年以上培ってきた独自の技術である鬼クルミの殻を配合したゴムが氷をひっかき、路面をしっかり捉えます。
※当社の乗用車用からトラック・バス用スタッドレスタイヤには天然素材であるクルミの殻を採用しています。クルミの殻を配合したコンパウンドはアイスバ-ンでのグリップ力を確保するために氷より硬く、アスファルトよりやわらかいのが特長で、非降雪時には道路を傷つけないスタッドレスタイヤとなっています。

・アイス性能経年低下の抑制
ゴムのやわらかさを維持させる働きをもつ、新開発の「持続性密着ゲル」をゴムの内部に配合することにより、年月が経つとともにゴムが硬くなることを抑え、すぐれたアイス性能をより永く保ちます。

・ウェット性能の向上 
シリカを増量して配合したゴムを採用することで、タイヤが低温な状態でも柔軟に接地し、濡れた路面をしっかり捉え、高いウェットグリップを実現しました。

■パターン設計
CAEとAIを融合した当社独自のタイヤ設計基盤技術「T-MODE(ティーモード)」のスノー予測技術を活用し、実際の使用環境における雪質を考慮した最適なパターン形状を設計しました。アイス性能をはじめとしたスタッドレスタイヤに求められる性能を発揮するために、トレッドパターン*3内で機能を分担させる非対称パターンを採用しています。
*3)トレッドパターン:タイヤのトレッド部に刻まれている、溝や切り込み。

pic

比較対象:OBSERVE GARIT GIZ

■性能評価結果
・アイス制動性能 従来品比8%短縮

ice

・ウェット制動性能 従来品比18%短縮

wet

※詳細データはタイヤ公正取引協議会に届け出ています。
※本テストの結果は同様な条件下であっても、必ずしも同じ結果が得られるとは限りません。

■サイズ展開(23サイズ)

size

 

「OBSERVE GIZ2」についての詳しい商品情報はこちらをご覧ください。
https://www.toyotires.jp/product/obgiz2/

以 上

 

 

【本件に関するお問合せ先】
TOYO TIRE株式会社 コーポレートコミュニケーション部
(本社) TEL:072-789-9110 FAX:072-773-3272
(東京) TEL:03-5822-6621 FAX:03-3865-2240

プレスリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。